10の鉄則が看護師の転職を有利にする

看護師の転職について

看護師は他の職種にくらべて、転職しやすい仕事だといわれています。新聞の求人広告や求人情報誌、求人サイト、あるいは求人折り込みチラシに至るまであらゆる求人媒体において、看護師の求人募集が行なわれています。

 

働きかたも3交代制の正職員はもちろん、日勤だけのパートや、夜勤専門のパートなど、さまざまな形態での募集がなされています。これは、日本国内の病院をはじめとする医療現場において、看護師の絶対数が不足しているためです。そのため、勤務している看護師はもともとの仕事の激務に加えて、十分な休憩や休日がとれない現状となっており、特に大きな規模の病院のほとんどは、看護師不足が慢性的な問題となっています。

 

看護師不足の実情

病院の収容患者数やベッド数に対しての看護師の必要人数は、厚生労働省によってその基準が決められていますが、それはいわば最小限ともいえる人数であり、実際にはそれ以上の人数の看護師がいないと医療現場での仕事はスムーズに行われなくなるでしょう。それは看護師の疲労が原因となっての医療事故につながるおそれもあり、病院側は常に十分な人数の看護師を確保する必要があるでしょう。そのような実情があるため、看護師の就職や転職は容易だといえます。看護師資格を持った方の売り手市場になっています。

 

転職を考えるにあたって

ただ、現在看護師として仕事をされている方が、他の病院に転職しようとされるなら、いくつか気をつけて頂きたいことがあります。特に初めて転職される方は、次の働き口について過剰な期待や希望をいだきがちになるものと思われますが、正直に申し上げまして、あまり過大な幻想を持つのはやめたほうがいいと思うのです。病院はどこでも同じだというわけではありませんが、大きく変わるといったわけでもありません。隣の芝生は青く見えるといったことわざのとおりかもしれません。できれば転職せずに現在勤められている病院や医院などに長く勤めてキャリアをつけることがいいかと思います。しかし、それでも転職をしたい、せざるをえない事情があるのなら、このサイトを参考にして頂くことをおすすめします。

 

看護師人材紹介がおすすめ

一昔前までは、看護師の転職というと求人サイトや求人誌が主でした。しかし、近年では看護師人材紹介会社を利用して転職をするのが主流となりつつあります。転職をする手段の一つとして看護師人材紹介も活用してみるものよいでしょう。

 

※人材紹介会社を利用した看護師の転職については、http://看護師人材紹介.jpn.com/を参照ください。